まず敵を知ろう~ムダ毛とは何かと脱毛の歴史

まず敵を知ろう~ムダ毛とは何かと脱毛の歴史

脱毛をするにあたって、「そもそも何でこんな部分に毛が生えてくるのだろう?」「こんなところの毛に何の意味があるのだろう?」「生えてこなければ楽なのに」と一度は考えますよね。戦いに勝つにはまず敵を知ることから。そもそもムダ毛って何というところから調べてみました。

VIAMの公式HPへ

どの毛がムダ毛なのか?

ムダ毛とは、頭髪や眉毛などの明確に役割を持った毛ではなく、必要とされない(と思われている)毛のことを言います。人間には頭髪を含め、全身に約150万本から200万本の毛が生えていますが、明確に役割をすぐ言えるのは例えば次のような毛です。

頭髪…紫外線や外部からの衝撃から頭を守る

まつ毛や眉毛…汗や異物が目に侵入しないように守る

鼻毛…鼻の穴への空気中の様々な異物の侵入を防ぐ

それぞれ役割があるものはムダ毛とは呼ばれません。

腕や脇・胸やお腹・脚などの見た目があまり美しくない(と我々が思う)場所に生えた毛が、ムダ毛と判断されるわけです。

ムダ毛には本当に意味がないの?

上記を読んでいただければ何となく分かっていただけると思いますが、ムダ毛と言っているのはある意味我々の勝手な言い分です。

厳密にいえば、発汗作用をスムーズにしたり体内に溜め込んだ毒素を排出する作用がムダ毛と呼ばれる毛にもあります。そもそも人間の体毛には、保温や断熱などの温度調節・皮膚の保護・紫外線からの刺激を守るなど、身体にとってそれぞれ大切な役割があるのです。

そういう意味では理由もなく生えている毛というのはないと言えるでしょう。様々な外部からの刺激から身体を守り、体温を維持するために生えてきてくれているのですから、本来ならば感謝感謝です(笑)。

頭髪が人間の体で一番毛が多い場所なのは、頭が一番大切な器官だから衝撃を和らげるために密集して生えているためです。また両腕の付け根には腋毛がありますが、腋毛は皮膚同士の摩擦を和らげる役割を持っています。陰毛は言わずもがな、大切な生殖器を守るためですね。

また実はムダ毛が生えている毛根周辺の神経は、振動など外からの情報を敏感に感じ取る感覚器としての役割を持っています。私達の体はこのムダ毛があるから守られているというのがお分かりいただけるでしょうか。

ムダ毛も大切な毛…だったのは過去の話?

さて、ムダ毛にも本来ちゃんと大切な役割があるという上の話は間違いではなさそうです。ですが、人間とは進化する生き物です。類人猿から現代の人類になる過程で人間は衣服を身につけましたし、空調機器を発明しました。

要は、はるか昔の人類の身体にとっては重要だったかもしれないムダ毛も、現代においては意味が果てしなく薄れてしまっているのです。

現代社会の中で、身だしなみが重要でないと考える人はあまりいないでしょう。僕のような料理人でも汚らしくしていたらお客さんから「この店は嫌だ」と思われてしまうでしょうし、サラリーマンの人ならもっと清潔感が求められるのではないでしょうか?

周囲の人に好印象を持ってもらいたい。ましてやそれが好きな女性だったらなおさらでしょう。「男が脱毛なんて…」という時代もあったかもしれませんが、そんな時代の人だってヒゲは剃ったり、身だしなみに気を使っていなかったわけではないはず。

忙しい現代社会の中でヒゲやムダ毛を処理するストレス、また自己処理によって肌荒れや暑い季節の汗蒸れ・痒みなどのことを考えたとき、専門知識とスキルを持った脱毛サロンで脱毛するというのは人類の正当な進化ではないでしょうか?

…柄にもなく大きなことを言ってしまいました(笑)。でも当たらずとも遠からずなんじゃないかな?いい線いってるんじゃないかこの考え方、と自画自賛しています(笑)。

人間はいつから脱毛するようになったのか?

せっかく話が大きくなったところで、脱毛の歴史というテーマに触れてみたいと思います。

「脱毛」という言葉から想像されるのはレーザーなどの近代技術という人が多いかもしれません。ですが厳密にいえば、ムダ毛に対する対処や脱毛方法は太古から、それこそ紀元前4000年とかからあったようなんです。その頃から体毛を気にする文化があったんですね。まぁ考えてみれば当然のことかもしれません。男性はともかく女性は古来から美を追い求めていたでしょうから…

ちなみに脱毛方法の一つにワックス脱毛というのがあります。ワックスをその部分に塗って乾いたら一気にビリっとやる(雑な説明ですみません笑)あれです。ブラジリアンワックスとかのあれですね。いろいろ調べてみると、実はあのクレオパトラがハチミツを使ったワックス使って脱毛をしていたという記録が残っているみたいです。6000年も前から人類はムダ毛と戦っていたんですね(笑)。

ちなみにちなみに、機械による脱毛方法が最初に導入されたのは1875年ごろ。いっきに最近になってきますね。そこから安価でスピーディーな光脱毛が生まれたのが1998年。人類の脱毛の歴史は、いままさに大進化を遂げているんですね。

VIAMの公式HPへ TOPページを見る